200g
砂糖       20g文へスキップ

食とエネルギーの地産地消+Xで里山資本主義の可能性を探るFPショップ                

         
     
        有限会社マネーコンシェルジェ
       

薪ストーブクッキング (Vermont casting Everburn)

ビーフストロガノフローズマリーポテト添え(2人前)

ステーキ用牛肉 150g
たまねぎ       1個
マッシュルーム    6個
しめじ    お好みで1株
トマト       半分
小麦粉      大匙1
バター      大匙2
塩・粗挽き胡椒    少々
赤ワイン     大匙2
生クリーム    200ml
レモン汁・パセリ  少々
ジャガイモ  2個
ローズマリー 一枝
オリーブオイル 少々
塩・粗挽き胡椒 少々
スナック豌豆  少々


 
金属トレー
ボウル   1個
大スプーン
フライパン
トング









〈勘どころ〉
  昔、ハンブルグの北にあるキールという小さな港町のホテルで食べたビーフストロガノフが奇妙に
記憶に残っている。お洒落でおいしい割には短時間で簡単にできる。レモン汁に代え手に入れば
サワークリームの方が圧倒的にプロっぽくなるようだが、普通のスーパーでは見かけない。
肉はを焼き過ぎないのがコツ。スープ量は生クリームの量と煮る時間で調整。


〈作り方-ビーフストロガノフ〉
 1.肉は裏表に軽く塩・胡椒して常温放置しておく、その間につぎの野菜の準備へ。
   ストーブはしっかり焚いて250度以上に維持。順番ではまず下の付け合わせを作るのが先。
 2.玉ねぎの皮をむいて、繊維に沿って薄切りにする。
   マッシュルームも繊維に沿って薄切りに、しめじは株をばらしておく。
   トマトは小さく角切りにし、パセリはみじん切りにしておく。   
   3.肉はできればステーキ用肩ロース又はもも肉のブロックとし、1センチ角5センチ長程度の角切り
   にして小麦粉をまぶしよく落としておく。
 4.ストーブ天板上で熱したフライパンにバターを半分入れ中火で玉ねぎを炒め、きつね色になったら
   マッシュルームやしめじ、トマトも加えてしんなりするまで炒める。その後一旦皿に取り出す。
 5.フライパンにバター大匙1入れ、中強火にして牛肉を加え全体に色づくまで焼く。
   炒めたマッシュルームなどを戻し、赤ワインを加えてアルコールを飛ばす。
 6.生クリームを加え、ひと煮立ちしたら蓋をして、弱火で10分ほど煮る。フライパンの下に
   トリペットを置くと弱火にできる。
 7. 塩コショウで味を調えて皿にもり、レモン汁と垂らしてパセリをのせたら出来上がり。

〈付け合わせの作り方-ローズマリーポテト〉
     1.ジャガイモは皮つきを使うので、よく洗い芽は取って
   おく。厚さ1センチ弱程度に粗く切る。
   2.ローズマリーは茎から葉の部分をとり、みじん切りに。
   茎の先数センチを残し仕上げで皿に沿えるとお洒落に。
   トスカーナブルーなど庭か鉢植えにすると年中使える。
   3.ジャガイモを水にしたる位でゆでる。ゆですぎないよう少し
   芯がある程度で皿に戻す。
   スナック豌豆もスジをとり軽くゆでて添えると彩りが良い。
 4.ストーブ天板上でフライパンにオリーブオイルを大匙1程度
                      入れゆでたジャガイモを並べて塩胡椒をし中火で炒める。
   焦げ目がついてこんがりしてくるまで随時トングで返しながら焼く
  5.こんがり焼けたらみじん切りしたローズマリーを入れて全体にからめて仕上がり。メインの皿に添える。

 ストーブクッキングに戻る

プライバシー・ポリシー
店舗イメージ

shop info.店舗情報

わくわくマネーカフェ
有限会社マネーコンシェルジェ

〒739-2111 地図
東広島市高屋町高屋堀1538-5
TEL.082-439-2122
FAX.082-439-0957